Life Integration Coaching Lab.

仕事と生活/バラバラなキャリア/バラバラな心身という「人生迷路」な人の道を見つけるライフコーチング

重要な人脈作りに必要なこと

こんにちは。

パラレルキャリアコーチの平林孝之です。


今回のお題は

「重要な人脈作りに必要なこと」

です。

 

 

1. 人脈は「勇気」から生まれる

僕はTwitter(@MHeartstrings)を日々やっているわけですが、これとは別アカウントでフォローしているインフルエンサーでPVマフィアさん(@pv_mafia)という方がいらっしゃいます。で、この方、何やら数日でフォロワーが1万人を超えたらしく、でも素性もよくわからない、一体何をしている人なんだろう、と調べていました。


その調べている過程で、そのPVマフィアさんのツイートに良い内容があったので、それを元に今回の記事を書くことにしました。

 

 

その良い内容とは

人脈はこうした「勇気」から生まれるんだ

の部分です。

 

2. 異業種交流会?

もうしばらく日本で仕事をしていませんが、日本では人脈を増やすために異業種交流会みたいなものが盛んに行われていると聴きます。

僕も日本で仕事をしていたときに、2回ほどそうした回に参加したことがあります。名刺を手裏剣のように配布するあれですね。

そこで知り合いになれた方は何人かいましたが、所詮は知り合いの域を出ないものでしかなく、”人脈”と呼べる状態にまで発展した方はいませんでした。

人脈ってやっぱり、名刺をたくさん蒔いてみたり、実績を携えてドヤ顔で自慢してみたり、成功している人が主催するお茶会やランチ会に参加してみたところで知り合いの域を出ずに終わってしまうか、体よく使われて終わってしまうケースが大半なんでしょう。仮にビジネス的に繋がったとしても、「戦友」という感じではないので、その関係は非常に脆弱なはずです。

 

では、本当に活きる人脈、自分の将来のためになる人脈ってどうやって作っていくのでしょうか?それはやっぱりPVマフィアさんの仰る通り

勇気が発揮されたとき

だという実感があります。

 

3. 私が「勇気」で作った転機の人脈

私にとって一番最初に人脈作りのために勇気が発揮されたことは、日本での最後の会社に転職することになり、念願の”全国的ヒット商品”を手がけることになった出来事

当時の私は、DVDの卸バイヤーの仕事をしていましたが、4年ほどかけて心血注いでいたプロジェクトの目標が達成されてしまって、社内での新たな目標を完全に見失っていました。成績がとてもよかったこともあり、会社側から管理職としてのオファーももらっていたものの、どうにも魅力を感じない。でもせっかくオファーももらっているし、どうしようか悩んでいました。

そんな折、中国に行っていた帰りの飛行機が一日順延となり、パスポートを取り上げられたまま上海のホテルに強制的に泊まらせられたのですが、一人部屋ではなく、見知らぬ人と相部屋にさせられたのでした。

で、その相部屋になった人というのが会社経営者。せっかくのご縁ということで色々話をしていたら、たまたま当時僕が強い興味を持っていたジャンルに非常に詳しい方だったので、そのときに思いました。


これはきっと新しいことに繋がる何かの縁だ。

そう自分勝手に確信していた僕はその社長に連絡先を聴き、「日本でご飯でも是非お願いします!」とお願いし、約束を取り付けました。こういう積極的なのは基本的にとても苦手なんですけどね。

で、こちらから連絡をするものの、なかなか繋がらない。そして何回か連絡をしてやっと直接電話で話が出来て、会食をすることに。

そして、それから1ヶ月後かそのくらいで、今度はその社長から連絡があり

「ウチでこれから新規事業を始めるのだけどやってみないか」

とオファーをもらって、転職することになったのです。

この件、後から社長に聴いた話だと、僕が連絡を寄越した回数を調べていて、何と7回も電話していたそうです。「忙しいのにうるさいなぁ」と思われていたようですが(笑)、このしつこさが営業には良いと感じてオファーを出した、とのことでした。

そして、このプロジェクトは1年数カ月後に実を結び成功を収め、全国的に販路を作ることが出来たのです。

元々新卒で入社した会社はレコード会社。やはりヒット作品を手がけてみたいという願望はあったものの、それが実現できないまま音楽業界を去ってしまっていた。にもかかわらず、業界は違うけど全国ヒットを輩出した、という結果を残すことが出来て、日本での仕事に対する未練を全く残すことなく北京に渡れたのです。

上海での出来事のあと、「忙しいだろうし悪いから…」と勇気を発揮することなく遠慮していたら繋がることのないはずの人脈でした。そして、辞めてから既に9年以上経過していますが、今でもお付き合いがあります。

そこで一事業のスタートアップを経験し、ビジネスの始まり~広がりのコアプロセスを体験することが出来ました。この経験がなかったら、僕が北京で事業を起こそうという気持ちが生まれることは無かったはず。

 

この他にもいくつか勇気を発揮することで人脈作りに繋がった経験はありますが、長くなってしまうので割愛します。私の北京生活ブログにもひとつ、勇気を発揮して多くの知り合い・友人が出来たキッカケになった出来事を連載していことがあります。

 

4. まとめ

人脈作りのために

図々しさばかり発揮している人は多いものの

勇気を発揮している人というのは意外にも少ない。


ですから、ここぞ!というときを見計らって

勇気を発揮することで

大事な人脈を築いてくださいね!

その勇気が転機をもたらします!

 


TwitterFacebookやってます!

平林 孝之  (@MHeartstrings) | Twitter

平林 孝之 Facebook