孤独を超えるリーダーシップとメンタルケア

人や会社には相談できない悩みを抱えた人のための解決方法

別れが多い人の特徴

気付いたら独りになってしまっていることが多い人って

人間関係の新陳代謝が激しいのではないでしょうか。


新陳代謝が激しいということは

変化が激しいということ。


そして

人との縁というのは

やはり相手との波長が合うことによって生まれる。

だから

変化が激しいということは

波長も変わりやすいということなので

自然、人間関係も変わりやすい。


自分の周りにいる人が

頻繁に入れ替わっているのをみて

自分の人付き合いに問題を感じる人も

変化が激しいから人との波長がズレやすいだけ


とはいえ

縁が切れてしまった全ての関係を

「縁がなかった」の一言で済ませてしまうのは

あまりに芸がないと思うので

時折省みてもバチはあたらないと思います。


それに

上昇志向の人が

自分のステージを上げるために

過去の人間関係を"断捨離”するとか言っているのも

全く違います。



人間関係の新陳代謝というものは

意図ありきで生み出されるものではないでしょう。


 

 

<この記事を書いた人>

平林孝之 ビジネスコーチ 大卒後、12年間音楽コンテンツ業界を経験した後、”ブレイブボード”を全国ヒット商品にしたスタッフの一人となる。北京に来てからは欧州系IT企業にてプロジェクト管理、ビジネスコンサルの営業職を経て創業。双極性障害など自身の過去の波乱な体験や、自身の国際結婚などの難しさからコミュニケーション・心理学を学び始め、プロコーチに。また、全て実務経験を伴った”MBA”状態のためビジネスコーチングが得意。合氣道などで学んだ身体からのアプローチによるリーダーシップ開発も行なっている。独学ながら中国語ビジネスレベル。中国日本商会・北京日本倶楽部・政府機関等での講演実績。米国NLP協会認定コーチ・心身統一合氣道初段

 

メルマガ「孤独を超えるリーダーシップ

(自己認識・異文化交流・語学)」の読者登録はこちら

 

※お問い合わせはこちらから

具体的に質問してみたいこと、現在のお悩み事など、どう解決したら良いのかわからないという方はお気軽に上の「お問い合わせ」からご質問ください。頂いたご質問に対してブログ上の記事を持って回答とさせていただきます。(お名前はもちろん匿名で出します)