孤独から自由になるリーダーシップ

ひとりぼっちになりがちな人のためのココロとカラダのつくり方

欲求か依存かを見極めるには

こんにちは!平林孝之です。

 

昨晩、このようなエントリーをアップしたところ、コメントを頂いたので、本エントリーを以って私の考えを述べてみます。

blog.takayukihirarin.me

 

 <頂いたコメント>

こんにちは。私もよく直面する課題ですので興味深く拝読させて頂きました。
整えるために三大欲求を満たすとのことですが、好きか依存かの部分はコントロールが難しいと感じています。
本能的に満たされ快楽を感じると、更に強く欲するようになり、何処かできちんと自制する仕組みがないと欲求を満たされるだけで満足して、他へのやりがい(社会的に成し遂げたいこととか)への意欲まで削がれないかなぁと思いました。
ただ孤独を感じている状態であればまずは自分を労ることが優先なので、こういった欲求により意識するのがいいのだろうと理解しました。

 

僕の考えとして、好きか依存かの部分は多くは「コントロール」出来ないもののはずです。コントロールできるに越したことはありませんが、現実的にしばらくは難しいケースが多い。

タバコやお酒などは、その典型的なものです。

 

ですからまず、コントロールは当面の課題として意識を持ちながら、自分の欲求が純粋に

「是非やってみたいことなのか」
「心踊る欲求なのか」

もしくは

「やらなければならないものなのか」
「やらずにはいられないものなのか」
「やってみたものの、後になって後悔してしまうものなのか」

”見極める”必要があると思います。

コントロールできないまでも、当面はどちらなのかを知りながらやり過ごす。このどちらかを知り得ないうちは、今後どう自制していくのか?ということを考えるには至らないでしょう。

 

そして、もう1つ2つほど上の段階の思考レベルを意識する必要もあります。

それは”自分にとって理想の生き方は何か?”という視点です。

ですから、その欲求が”自分にとっての理想の生き方が欲しているものなのかどうか”ということを意識する必要もあるでしょうし

その欲求が自分にとっての理想の生き方(生き甲斐)への障害になりかねないのであれば、それに対してはある程度自制する仕組みを考える必要もあると思います。

ただし、依存を自制しても、我慢し続けるだけではいつか暴発してしまう可能性もあるので気をつけたいところです。



”依存”を発生させてしまうのは、ある未処理の感情を処理したいという欲求ですから、まずはその未処理の感情が何なのか?を知り、しっかり感じる必要があります。

そして、その感情を依存という行為に頼らず、味わいきって解放していくことでしか解消されていかないでしょうね。

味わうことに数年を要するものありますし、これはケースバイケースです。私自身も何年もかけて味わいきってきた感情がいくつもあります。

そのおかげで、20代の頃にかなり依存気味だった行為も、今は全くやらずに済むようにはなっています。

 

メルマガ「孤独を超えるリーダーシップ(自己認識・異文化交流・語学)」の読者登録はこちら

 

※お問い合わせ

具体的に質問してみたいこと、現在のお悩み事など、どう解決したら良いのかわからないという方はお気軽に上の「お問い合わせ」からご質問ください。頂いたご質問に対してブログ上の記事を持って回答とさせていただきます。(お名前はもちろん匿名で出します)