孤独から自由になるリーダーシップ

ひとりぼっちになりがちな人のためのココロとカラダのつくり方

お金をかけずに作れる健康とは?

こんにちは、平林孝之です。

心の問題には身体が密接に関係しているなどということはだいぶ以前から言われていることではあります。

そのため、SNSが普及してからよく見かけることは

”食べ物を見直そう”

というお話。

 

コンビニ食を止めよう

白砂糖は極力少なく

有機食品を食べよう

魚食や菜食を目指そう

人の手が掛かっている食事を摂ろう

などなど

 

こうした食事を心がけて健康な身体と健全な精神を作ろうと

 

確かに日頃口にしているものが自分の細胞を形成しているので、食べ物・口にするものが大事なのはよくわかる。

しかし、現実問題として、身体にいい食事というのはエンゲル係数が高くつく。

日本にいた頃は、独身の頃は日々好きなものを食べることが出来ていたものの、結婚して子どもが生まれてからは小遣い制になり、毎週5000円しか使えなかったので、ロクな食事を出来ず、お昼はせいぜい500円くらいのものしか食べることが出来なかった。

ここでも収入格差が大きく影響していて、低収入では健康な食生活を手にすることはもはや極めて厳しい。せいぜい白砂糖モノには手を出さないくらいしか出来ないはず。

とはいえ、そのまま何にもしないでいては、苦境から抜け出すこともまた難しいはず。

 

じゃあ、何を変えられるのか?

 

人が摂取しているものは

 

空気

水分

食物

 

大きく分けるとこの3種類しかない。

 

此の中でぶっちぎりで改善にコストがかかるのは食物。
となると、あまりお金をかけずに改善できるのは


空気と水分という話になる。

 

そしてこの2つでどちらが心にダイレクトに影響を与えているのか?といえば

空気

 

呼吸が浅いと脳に十分に酸素がいかないから

精神が乱れやすいし
眠りも浅くなるから

疲れやすいし
緊張しやすいし
コンディションは悪くなりがち
当然仕事のパフォーマンスも下がる。

だから、低収入のままでも自分の心身を良い状態に持っていくには

健康的な呼吸法を身に着けて
深い呼吸・お腹よりも下の丹田
呼吸する方法を身につける必要があります。

 

今の望ましくない自分から脱却して
新しいステージに向かって進んでいくには
自分のコンディションは絶対に上げないといけない。


何の自主的な努力も無しに
階段を上がっていくことは出来ないはず。

人生を上がっていくのは
階段であって
エスカレーターや
エレベーターではないのだから



自分自身、日本にいた頃は色んな意味でずっと苦しく、あまり生きた心地のしない日々を送っていましたが、何とか乗り切ってこられたのも

合氣道を通して丹田呼吸、とても深い呼吸が身についていたおかげです。

以前もこんなことを綴りました。

blog.takayukihirarin.me

 

と言いながらも今でも呼吸が浅いと感じることは多いものの、呼吸法に限らず瞑想による内観もかれこれ18年ほどやっているので、自分の呼吸の乱れをすぐに自分で気付くことが出来ます。

 

自分がそうして日々実践している呼吸法は近々動画でもアップしていく予定です。 

 

<この記事を書いた人>

平林孝之 エグゼクティブコーチ 大卒後、12年間音楽コンテンツ業界を経験した後、”ブレイブボード”を全国ヒット商品にしたスタッフの一人となる。北京に来てからは欧州系IT企業にてプロジェクト管理、ビジネスコンサルの営業職を経て創業。発達障害双極性障害など自身の過去の波乱な体験や、自身の国際結婚などの難しさからコミュニケーション・心理学を学び始め、プロコーチに。また、全て実務経験を伴った”MBA”状態のためビジネスコーチングが得意。合氣道などで学んだ身体からのアプローチによるリーダーシップ開発も行なっている。独学ながら中国語ビジネスレベル。中国日本商会・北京日本倶楽部・政府機関等での講演実績。米国NLP協会認定コーチ・心身統一合氣道初段

 

メルマガ「孤独を超えるリーダーシップ

(自己認識・異文化交流・語学)」の読者登録はこちら

 

※お問い合わせはこちらから

具体的に質問してみたいこと、現在のお悩み事など、どう解決したら良いのかわからないという方はお気軽に上の「お問い合わせ」からご質問ください。頂いたご質問に対してブログ上の記事を持って回答とさせていただきます。(お名前はもちろん匿名で出します)