孤独を超えるリーダーシップ

ひとりぼっちになりがちな人のためのココロとカラダのつくり方

心は強くなるのか?

合氣道の道場に通い始めてから

とにかくよく練習した。

blog.takayukihirarin.me

 

働きながらではあったけど

道場には週に4~5日通い

稽古を終えて帰宅してからも

呼吸法30分も含めて身体の使い方など

よく研究していた。

 

そこまでのめり込んだ理由は単純で

心も身体も体術も

 

今よりももっと強くなりたかったから

 

その成果もあり

道場に通い始めて2年少しで

めでたく初段を取得

 

他の道場生と比較しても

かなり早い取得だった。

 

で、何か変わった?

 

うーん、何も変わっていないような・・・

 

初段は取った。

だから何?みたいな

 

この後ほどなく仕事を辞めて

キャリアにおける黒歴史に入り

続けられなくなったために

道場には通わなくなった。

 

通わなくなってからもう15年経ち

その間も呼吸法や瞑想など

結構実践はし続けていて

 

その後もたくさんの厳しい現実を

突きつけられながら今に至っていて

 

そこそこの修羅場を越えてきているので

ではココロは強くなっているのか?

と自分に問うと

 

基本的には何も変わっていないことに気付く。

 

 

自分がかつてイメージしていたことは

キツイ経験と修羅場に身を置き続けて

煮詰まって煮詰まって挙句

 

何かが覚醒してしまい

ある日突然人間が変わることを

自分に期待していた。

 

怖いものが少なくなる自分

いつも明るくて楽しい自分

いつも元気な自分

 

 

でも、そうやって修練を始めてから

17年が経過した今でも

本質的には何も変わっていない。

 

相変わらず臆病だし

新しいことは極力したくないし

何かと面倒くさがりだし

日々が平穏無事なら良いのに

といつも思っている。

 

にもかかわらず

そうした自分の希望とは裏腹に

日々ドタバタのカオス状態で

 

もうカオス歴はかれこれ27年くらい(笑)

 

こうしたことから理解できるのは

人は自分を鍛えてみたところで

本質的な自分は何も変わらないし

ホントは変える必要もない。

 

傍から見て、他の人が

以前とは何か変わったと思わせるのは

本質的な変容が現れているのではなく

 

多種多様な経験を経て

物事を受け入れられる器が広がっているだけ

 

自分も何も変わらないまま

ただ単に、

怖いと思いながら新しいことを始め

億劫だと思いながら行動し

不安を感じながら先に進んでいる。

 

自分が怖いと思っていることは

実際にそうなったら仕方ないよね

 

そんな感じ

 

弱い自分を克服するのではなく

弱い自分の活かし方を考える。

 

そうした生き方にシフトしている。

 

何度も言うけど

人の本質は何をしても変わらないから

 

いい加減諦めましょう。