孤独を超えるリーダーシップ

ひとりぼっちになりがちな人のためのココロとカラダのつくり方

孤独というのは事実ではない

「孤独」っていう言葉にはとてもネガティブな印象がありますよね。

 

では、一般的に「孤独」ってどんな状態を指すのでしょうか。

 

孤独(こどく、: solitude)とは、他の人々との接触・関係・連絡がない状態を一般に指す。

これは何も深山幽谷にたった一人でいる場合だけではなく、大勢の人々の中にいてなお、自分がたった一人であり、誰からも受け容れられない・理解されていないと感じているならば、それは孤独である。この主観的な状況においては、たとえ他人がその人物と交流があると思っていても、当人がそれを感じ得なければ、孤独といえる。

Wikipediaより引用> 

 

孤独って基本的には事実そのものではなく、自分の感じ方によるもの。

真実でもないんですよね。

あくまで自分がそう感じているだけ。

 

周りにはたくさん人がいるにもかかわらず、誰からも理解されていない、受け入れられていないと”感じている”のが孤独。

 

だからひとり山奥にいるとか、周りに人がそれほどいない状況なのであれば、それほど孤独を感じることもなく

 

逆に、人のいるところ、人の多いところにいても、周りのことを信頼できないとか、周りから信頼されていないと感じている心の状態が孤独を作り出します。

 

人あるところに孤独あり

ですね。

 

家族がいようが

恋人がいようが

友だちがいようが

同僚がいようが

有名だろうが

数百万人のファンを持とうが

孤独なひとは孤独

 

僕も過去には大勢の参加している飲み会に参加したときに、物凄い排他的な空気を感じて以後全く参加しなくなったこともありますし

 

知り合いだけはやたらと多いものの、今ひとつ繋がりが弱いと感じていたこともあります。

 

そうしたことを感じられた時には当然

 

俺って孤独な生き物だよなぁ…

 

と途方に暮れてしまうわけですが、過去にそんな愚痴を誰かにこぼそうものなら

 

そういうお前は他人のことを受け入れているのか? 

 

と言われることもありました。

 

確かに、人に受け入れて欲しいのなら、自らが先に人を受け入れて心を開いている必要がある。

 

それは理解できるので、実際に人に理解を示し、興味を示そうとしても何となく常に違和感を感じることが多く、相手に関心を向けきれない自分がいて

 

こんなことをしないと人に受け入れられないのか?!と疑問に思っていました。

 

そうして数年過ごすうちにわかってきたことが一つありました。

 

それは…

 

 

 

自分自身を全然受け入れていない 

 

 

僕の半生は物心ついた頃からハードモードで

自分は全然ダメな生き物だと思っていたし

何の価値もない人間と思っていたので

 

全く自分を受け入れていませんでした。

 

自分を認めていないし

自分を許してもいない

 

これでは当然、他人のことなど受け入れられるはずがない。

 

だから僕はまず

自分を受け入れることを始めることにしたのです。

 

”孤独”という感情の根源・原因というのは

このように

 

自分を認めていない状態があって生まれる感情。

 

でもそれはあくまで”心の状態”であって

決して事実そのものではないんです。

  

 

※お問い合わせ

具体的に質問してみたいこと、現在のお悩み事など、どう解決したら良いのかわからないという方はお気軽に上の「お問い合わせ」からご質問ください。頂いたご質問に対してブログ上の記事を持って回答とさせていただきます。(お名前はもちろん匿名で出します)